Sagging Medication

しわやたるみをプロに相談しよう【悩みをすぐに解消できる】

超音波を使った施術方法

リストアップ効果を期待

ウーマン

たるみの改善で現在注目されているのが、ウルセラマシンを使った治療方法です。
ウルセラマシンとは、超音波を利用したたるみの治療機器です。
超音波が皮膚の一番深い層であるSMAS層まで届くので、肌のリストアップが期待できるといわれています。
また使用する超音波は皮膚に刺激を与えることが少ないため、ダウンタイムが少ないという利点も持っています。
ウルセラマシンの効果を具体的にチェックしてみると、超音波によってSMAS層に含まれるタンパク質がギュッと凝縮されます。
これは肉を焼くと身がギュッと引き締まるのと同じようなイメージです。
そのことによって、真皮層とSMAS層の緩みが引き締まりリストアップが期待されます。
これらの効果は施術直後に見られる効果です。
また施術後から3カ月くらいにかけて、肌にハリを与えるコラーゲンが増えていきます。
これは超音波による熱ダメージにより、損傷した部位に創傷治癒作用のスイッチが入るからです。
その過程でコラーゲンが生成されるので、肌にハリや弾力を与えるようになるのです。
この効果は時間をかけて発揮されますが、ハリが出てくることでリストアップも期待できます。
ウルセラマシンは画像を見ながら超音波を当てることができるので、ピンポイントでたるみ改善施術が行えます。
そのため、皮膚へのダメージを最小限に抑えられるメリットがあります。
初めてウルセラマシンで施術を行う人でも、安心して行える画期的な方法なのです。

まずはカウンセリング

診断

肌にできてしまうたるみを除去するには、できることならメスを使わずにしっかりと悩みを解消したいという人もいるのではないでしょうか。
そんな場合にはウルセラが効果的です。
ウルセラは超音波エネルギーを利用したリフトアップ治療で皮膚の奥深い筋膜までしっかりと作用したるみをしっかりと引き締めていくことができます。
熱エネルギーで傷ついた細胞が修復される際にはコラーゲンもしっかりと生成されますので、ハリと弾力のある若々しい肌を作っていくことができる施術です。
ウルセラを行う際にはまずはカウンセリングを行い、それぞれの肌の状態を確認していきます。
そして、カウンセリングが終わったら、いよいよウルセラの施術の準備に入りますが、洗顔をしてメイクをきちんと落としておきます。
メイクが残っていると治療の効果が落ちてしまうこともありますので、丁寧に落としておきましょう。
治療前にはネックレスなどの金属類は取り除き、腰にアースを貼ります。
麻酔なしでも治療を行うことができますが、痛みが苦手という場合は麻酔クリームなどで対応することもできます。
肌にマーキングを行い、ジェルを塗布したらいよいよ照射を行います。
治療後は洗顔でジェルを落とし、すぐにメイクをして帰ることができます。
こうしたウルセラの施術を受けるには、複数のクリニックに足を運んで聞いてみることが大切です。
カウンセリングにて医師との相性やスタッフの対応を確認することで、より安全に施術を行うことができるのです。

痛みが苦手な人でも安心

ウーマン

美容に対する関心の高まりとともに技術が飛躍的な進歩を遂げ、今後もますます利用者が増え続けるといわれています。
例えばメスを入れる手術が一般常識であった整形においては、近頃は肌を切除することなく痛みの少ない施術が拡大中です。
たるみの改善も同様に、手術や痛みを伴う方法で行われてきましたが、ウルセラの登場によってこれらのデメリットが一気に解消されています。
もし、別の方法でリフトアップを検討していた場合は、ウルセラと比較もしくはドクターに相談してみると良いでしょう。
また、先端の技術であることから導入済みのクリニックが限られていますので、まずは相談先選びから進めるとスムーズです。
ウルセラが注目されている理由のひとつとして、切除がなく麻酔いらずの特徴が挙げられます。
体質や希望で麻酔を避けている人も一定数存在していますので、ウルセラはドクターのもとで誰でも安心して施術が受けられるということです。
一方でチクチク程度でも苦手という場合は、麻酔の相談も可能ですので、痛みの程度をカウンセリングで伺ってみると良いでしょう。
このほか、美容整形の施術で事前にチェックするべきダウンタイムですが、ウルセラはほぼ無しという点が特徴です。
ごくまれにお肌が影響を受けるケースもありますが、通常は60分以下、最長でも1週間以内に解消します。
ほとんどの場合はすぐに化粧ができる状態ですので、お出かけのタイミングに合わせて接術を受けることも可能です。